浮気調査 証拠 探偵事務所

浮気の証拠を確実に掴みたい方へ

 

浮気の調査は証拠を取れなければ意味がありません。

 

カメラやビデオでしっかり証拠を押さえることでその後の人生大きくかわりますので信用できる探偵事務所に相談をしましょう。
実力のある探偵事務所を紹介します。

 

 

浮気の証拠を取りたいなら無料相談から


原一探偵事務所

 

原一ホームページ

日本最大の社員数、全国どこでも統一料金、浮気調査可能の探偵事務所

  • 1日80,000円の全国統一料金と基本料金40,000円(半額クーポンあり)
  • 主婦でも調査依頼可能な分割やクレジット払いもあり
  • 押さえた証拠で裁判の時には証人出廷が可能
  • メールや電話・チャット・対面など自分に合わせた相談方法多数あり
  • 【見ればなっとく】【スッキリ】等々、テレビ局からの信頼で調査協力多数

 

原一詳細はこちら


原一探偵事務所の特徴

原一探偵事務所が70,000件の相談実績がある理由はここにある

 

全国に約5500社ある探偵の中で、原一探偵事務所が選ばれる理由を紹介します。

 

気になる調査料金は、見積り無料!

見積り無料で調査料金を想定できると安心ですよね。
料金がいくらかかるか分からない不透明な探偵だと、調査終了後に高額な請求をされたら支払いに困るでしょう。
しかし、原一探偵事務所は安心して依頼ができるように、事前に見積りをいたします。
見積りや調査プランなどの作成も無料なので気軽に相談できますよ。

 

基本料金半額クーポンあり!

原一探偵事務所は、基本料金が40000円。
この基本料金が半額になるクーポンで50%OFF!!
少しでも費用を抑えたい方には、見逃せないポイントです。

 

慰謝料請求に強い、確実な証拠!

浮気で離婚するなら、絶対に証拠は必要です。
証拠があれば、離婚の条件としてあなたに有利な状況になるでしょう。
浮気されて泣き寝入りするのではなく、あなたの生活をしっかり守るために有利に離婚をする準備を整えましょう。

原一探偵事務所 調査報告書をご紹介

探偵の調査報告書がどのようなものか気になりますよね。
この調査報告書は、離婚の調停や裁判の際に重要な証拠となるので、離婚の際にはこれで有利になること間違いありません!!

 

行動している対象者の顔や表情、行動の記録が詳細に乗っているのが分かります。
浮気している夫が、「俺は浮気なんて絶対にしていない!!」と言い張っても、言い逃れできない状況になるでしょう。

 

 

原一調査報告書

 

原一調査報告書6

原一探偵事務所 尾行機材の秘密

原一探偵事務所が尾行の際に使う機材の秘密を紹介します。
尾行に使用する機材には、GPSやカメラ・ビデオカメラなどがあります。

 

証拠となる写真を撮影するために、機材がバレないように仕組まれているのです。
通行人が隣にいても分からないような機材には驚くことでしょう。
タバコや時計にまさかカメラが仕掛けてあるとは思いもしませんね!

 

 

原一尾行機材

FAQ

探偵に素行調査するといくらかかるの?

 

探偵に素行調査するといくらかかるのでしょう。
探偵社によって変わってくるので一概には言えませんが、基本的には1時間12,000円くらいです。

 

つまり、素行調査の完了に10時間かかった場合、120,000円ということになります。
基本的な素行調査の料金はそのくらいです。

 

ただ基本料金以外にも費用は掛かります。
調査で使った交通費や高速代などの費用も請求されるので、基本料金だけで済むことはまずありません。

 

車で長時間追跡したような場合、ガソリン代もバカになりません。
調査の際、宿泊する場合もあるので経費はかなり高くつきます。

 

良心的な探偵社なら、最初からそうした経費も含めての金額になっているところもあります。
素行調査はどこに依頼しても同じではありませんが、基本的な料金は1時間10,000円〜20,000円くらいと思っておいてよいでしょう。

 

探偵社の中には、複数時間でのパック料金のところもあり、1時間単位ではなく、依頼内容を聞いて見積もりを出すところもあります。
基本料金と経費以外にもかかる費用があり、例えば、車やバイクが必要になる素行調査の場合、1日につき5,000円〜10,000円、そして証拠を撮影する場合、10,000円が加算されることになります。

お役立ち情報

浮気の原因が自分でも慰謝料請求できるの?

 

精神的な苦痛を与えた者に対する損害賠償のことを慰謝料と言い、浮気をしている、暴力をふるうなどのような場合には慰謝料を請求することができます。
ですから自分が浮気をしてしまうと慰謝料を請求される可能性が高くなるので、自分の浮気が原因の場合には慰謝料を請求されても請求する事は難しいでしょう。

 

ただ離婚の場合の慰謝料は、暴行行為やその他の夫婦生活全体をとらえて金額を算出するので、その場合には慰謝料請求をすることができるかもしれません。
暴力行為による慰謝料請求をする場合には暴力をふるわれてケガをしたときの診断書、暴力をふるわれた日時、場所、具体的な様子などをメモし、証拠を残しておく必要があります。

 

また離婚する場合、夫婦のどちらかに生活能力がない場合には生活力のある配偶者が離婚の責任がなくても、生活力のない配偶者に扶養的な意味を含めた一時金が支払われることもあるので、自分の浮気が原因であっても扶養的慰謝料を請求する事ができるかもしれません。

 

慰謝料請求については夫婦の協議で決めますが、そこで決まらない場合には家庭裁判所の調停、地方裁判所での判決で決められることになるので、一度法律の専門家に相談してみると良いでしょう。

 

コラム

男性を立てない女性

 

昔は奥さんが旦那さんを立てて一歩下がってついていくというのが当たり前のようでした。
しかし現在は男女平等と言われ、家事も育児も分担、仕事も同等で女性は社会的地位を獲得することで自信を持ち、様々な場面で男性を見下して言う部分も多く、むしろ男性が一歩下がってついていくといったカップルや家庭も少なくありません。

 

男性であれ、女性であれ、周りによく見られたいというのは当たり前のことですが、男性には女性が理解しにくいようなプライドを持っていて、それを簡単に傷つける女性が多くいるようです。

 

例えば、彼氏の友達と一緒に遊ぶ場面で、彼氏が友達に内緒にしていることをサラッと言ってしまったり、彼氏の弱い部分をネタで言ってしまったり、旦那の上司の前で旦那の悪いところばかりを話したり…

 

男性は、自分が頼られている、自分が守ってあげないとという所に存在意義を見出している部分もあるので、空気を読める場だけでも自分を立ててくれる女性なら、自分に自信も持てますし、居心地も良いので好むようです。

 

 

まずは無料相談できる原一へ!

 

浮気の証拠を取りたいなら無料相談から